読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5%

ここ最近、毎日お酒を飲んでいて、気づいたら寝ているっていう繰り返しだった。12日ぶりに実家に帰って自分のベッドに入った時「現実」というものを全身で感じた。


年末年始の雰囲気がすごく苦手で大嫌いでした。周りの人間が浮かれていく様子が何だか気持ち悪くって、ソワソワしてました。これは僻みってことも自分が一番よく分かっていて、だからこそ年末年始が嫌いでした。

ただキリがいい数字の1と1って日付の並びだけで盛り上がれる人間が羨ましかった。


365日たまに366日、その繰り返しは22回目を迎えていますが、楽しい記憶はすぐにありとあらゆるところに吸収されて消えて無くなってしまうのに、何でか悲しかったり辛かったりする記憶は自分の胸の中にずっと重さを保ったまま残っていくんでしょうね。


最近お酒を飲んで眠る前に「5%」って曲を聴くんですが、その中に「5%くらいで酔ったらさ  5%くらいは信じてよ」って出てくるんです。そこが好きで巻き戻して聴いたりしてます。

この曲を聴く度に自分という人間の弱さ、みたいな曖昧な感情に気付かされたりします。

私のお酒についての認識は、最大限まで下心を曝け出すためのツールという認識です。

自分自信を他者に知ってもらうことが怖いので、性別関係なく自分の事を話すためにまず一杯。そうしないとなかなか話せないのです。

今までの自分を振り返ってみると、自分から異性に告白するときや友人を褒めたりする時は大体酔ってる状態です。でも酔ってる時に口から溢れる言葉って嘘偽りない言葉だと自分で思っているので、相手もそれを分かってて欲しいって自分勝手に思ってたりもします。本気なんだよ?と。なかなか信じてもらえないけれど。


こういう性格だから「5%くらいは信じてよ」っていう歌詞に勝手に共感しちゃうんでしょうね。


そういえば大学2年の時、5月1日から見事に五月病になってアパートから一歩も出れなくなり、どうしても外に出なきゃいけない時はお酒を飲んでからバスに乗って学校に行っていた事をふと思い出しました。結局留年しちゃって私の学生生活は先延ばしになってしまったんですけど…。


私にとっては勇気のツールでもあるんですよね、お酒。強くはないけれど200円もあれば顔がポカポカあったかくなって、目に見える世界すべてに感動できる。普段言えないことも恥ずかしく無いから言える。

、、、でも、その時言っても信じてもらえないことだけが残念です。5%くらいは、信じてもらえないかな…。



まとまりはないけれど今日はこれでおしまい。お酒を飲んで寝ます。

また新たに本を読み始めたので近いうちに報告します。また明日。